September 26, 2006

ゼロの使い魔SS「ご主人様の憂鬱」第14話

かえでがホーエンローエをかばうように抱きついた直後に、二人はものすごい衝撃で突き飛ばされて、頭から腐った枯れ草の中に突っ込んだ。
口や鼻には泥が入り込み、背中に何かが乗って、かえでは地面に押さえつけられた。
続くであろう攻撃に身を固めたが、直後に「ぎゃん」という巨獣の鳴き声と、がさがさと木立を揺らして逃げていく物音がした。
そして、静寂が訪れ、かえではおそるおそる振り向いて背中を押さえつけている何かを確認した。

それはロングスカートの黒いワンピースに身を包み、フリル付きの白いエプロンとエプロン同様白いフリルの付いたカチューシャを身に付け、まとめられた長い髪の奥から切れ長の目でかえでを見つめていた。
恐ろしい爪から二人を救い、今、かえでの背中を片足で踏んづけているのはかえでより少し年上のお姉さんで格好はメイドだった。

「追いつきました、クラウ」
かえでの背中に足をかけたままのメイドが声を掛けた方向から魔法学院の黒いローブを着た少年が二人に駆け寄る。
「ホーエンローエ、無事か」
メイドが足下から二人を解放すると、クラウと呼ばれた少年はホーエンローエを抱きかかえた。
それまで小さく低く唱え続けられていたホーエンローエの呪文がそこで止んだ。
その途端にかえでは目の前が真っ暗になり、そのまま気を失った。

(応援ありがとうございます。もう少々お付き合いください)
15話へ進む

shinji_i at 15:57│Comments(0)TrackBack(0)ゼロの使い魔 | SS

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔